• 11月20日より発売開始となったXT1200ZE Super Tenere ですが

    2019に新たに”パニアケースパッケージ“が初登場となりました。

    パッケージ内容は今までメーカーオプションで販売されていた

    アルミニウムサイドケース左右 131,760円(本体 122,000円)
    サイドケースステー 38,880円(本体 36,000円)
    キーシンダーセット×2 8,640円(本体 8,000円)
    スキッドプレート 29,484円(本体 27,300円)

     

    がパッケージとなり、総額 208,764円(本体 193,300円)の用品セットが

    車輌本体+75,600円(本体 70,000円)で取付済みになる大変お得なパッケージとなります。

    総額で比較すると1,969,164円 → 1,836,000円 (-133,164円)

    是非この機会にご検討下さい。

    ※このパッケージは部品単体でのパッケージ販売には対応しておりません。 

    XT1200ZE Super Tenere パニアケースパッケージ 1,836,000円(本体 1,700,000円)

  • ヤマハ海外仕様車の正規輸入元のプレストコーポレーションから

    XT1200ZE Super Tenere の2019モデル発売開始の発表がありました。

    2019モデルはカラーチェンジのみの変更で

    2018モデルにあったブルーが廃止になり、代わりにライトグレーが新色設定されました。

    ダークグレーはグラフィック変更で継続となりました。

    2019 XT1200ZE Super Tenere 1,760,400円(本体価格 1,630,000円)

    ・MLNM4(マットライトグレーメタリック4)       ・MDNM6(マットダークグレーメタリック6)

    注文は11月20日(火)から開始、初回入荷は1月末予定となります。

    お考えのある方は早めにご注文下さい。