• 皆様こんにちは。YSP沼津のトクポンです。

    今回は私のSEROW250にヤマハ製「パワービーム」を取り付けてみました。

    噂で良いとは聞いていますが、どう良いのか、どれ程良いのかを検証してみようと思います。

    まず「パワービーム」とは何ぞやと言うと

    四輪高性能車に装着され定評のある「パフォーマンスダンパー」の二輪専用版との事。
     
    走行時の車体の変形及び振動をダンパーで吸収し、乗り心地、ハンドリングを向上させる様です。
     

    では取り付けから。

    箱からパワービームを出してみるとこんな感じです。

    本体はダンパーというのでステアリングダンパーみたいに伸び縮みするのかと思っていましたが

    実物は固くて伸び縮みをする気配すらありません。

    一応説明書には力を入れて伸び縮みさせないでとありましたが・・・

    パワービームの取り付け場所ですが車体左側

    メインフレームとダウンフレームに取り付けます。

    まずはダウンフレームにパワービーム本体を取り付けるステーを取り付けます。

    次にメインフレームのレギュレーターのボルトに上側のステーを取り付けます。

    後はパワービーム本体を上下のステーに取り付けて本締めして完了です。

      

    取り付け自体は30分強で終わりました。

    残念な事に私のSEROWに付けているZETAのスキッドプレートだと

    フレーム側のガードの高さが高いため、下側取り付けステーと干渉して

    そのままだと付かないので、スキッドプレートのガードを切って取り付けました。

     

    走行した感触ですが、街中を走った時にはそんなに違いは感じず。

    「?」と思いながら高速に入ってみたら・・・これはすごいですね!

    通常100km/hから上で車体がブレ出すSEROWですが

    120km/h以上出しても全くブレが出てこない。。。

    長年SEROWを乗っていますがブレないSEROWは気持ちが悪いような・・・

    なんか変な感じですが、でも快適に走れることは間違いありません。

    高速を使ってツーリングに行く頻度の高い方には必需品かも。

    是非機会があれば取り付けをオススメするパーツです。

    ヤマハ パワービーム セロー250用
    3C5-211H0-00
    30,240円(本体28,000円)
    取り付け工賃 2,916円